脱毛

光脱毛・レイボーテ グランデってどんな脱毛器?

ムダ毛を気にしている方は多いでしょう。
そういう方は、ムダ毛が段々薄くなっていく、光脱毛はちょっと気になる脱毛法ではないでしょうか。
脱毛サロンの殆どが使っている光脱毛ですが、脱毛サロンに行くのはためらいを感じる人もいるかもしれません。
出来たらムダ毛処理は、自宅で密かにしたいものですよね。
でしたら、脱毛サロン並みの光脱毛が出来る、ヤーマンのレイボーテ グランデはどうでしょうか。

レイボーテ グランデを使っている人の90パーセント以上の人が、3ヶ月で「ムダ毛が減ってきた」と感じているようです。
これはもう、脱毛サロンと同じくらいの効果ではないでしょうか。
しかも男性のヒゲのように、太くて濃い毛にも効果があるので、ヒゲが濃くて剃り跡が青々してしまうことを気にしている男性にも良いかもしれません。
もちろん、女性の顔の産毛にも対応しますし、全身に使える脱毛機器なのです。

しかも色々なツールが付いていて、照射するランプも3種類あります。
広い面積を一気に照射したい時のための(ラージランプ)照射面積は12平方センチもあります、細かい箇所用の(スモールランプ)、顔の産毛や美容のための(フェイスランプ)です。
また、冷やし機能のクールヘッドもあります。
それら色々のツールは本体内部に収まるようになっているので、部屋のあちこちにツールが散らばるということもありません。
それにその本体は据え置きするタイプなので、実際に肌に当てる部分の持ち手は軽いので、処理する時には楽です。

また照射回数は60万回なので驚きです。
普通は30万回の照射回数で、なおかつカートリッジの交換はできないのですが、レイボーテ グランデは、カートリッジの交換も可能です。

照射面積が広い上、照射スピードが約0.5秒ですので、あっという間に全身の処理を終えることが出来ます。
5分もかからない位のスピードです。
これも脱毛サロン並みと言えるかもしれません。

ただ、レイボーテ グランデはこれだけの機能が備わっているので、価格が高いです。
約12万円くらいします。
ですが、これ1台あればサロン並みの脱毛が可能ですし、自分だけでなく家族も使えるということを考えると、そんなに高くないかもしれません。
脱毛サロンなら、自分しか通えませんし、料金は大体30万円くらいかかるのですから、ずっとコスパですよね。
ハニプラ美容液で肌にハリ感が戻ります

標準
脱毛

アイリスオーヤマのエピレタってどんな脱毛器?

アイリスオーヤマは、家電製品等でよく知られている会社で、テレビのCMでもお馴染みですよね。
色々な家電を出していますが、どの製品も値段がかなり手頃だという特徴があります。
ですが、品質が劣っているということではなく、会社が色々研究して、安くても品質のよい製品を送り出しているということでしょう。
このアイリスオーヤマは、美容家電においても、色々な製品を出していて、脱毛機器もその一つです。

アイリスオーヤマの脱毛器で人気なのが、光脱毛の「エピレタ」です。
光脱毛出来る美容機器は、色々なメーカーが出していますが、値段的にはそんなに安いというものではありません。
ですが、この「エピレタ」は、14,800円という、光脱毛なのに、この安さです。
気軽に試してみれる金額かもしれませんね。

光脱毛というのは、黒色に反応する光を肌に照射すると、黒い色をした毛根に作用しダメージを与えるので、ムダ毛が段々薄くなって行くというものです。
ですから、お手入れが楽になります。

エピレタは光脱毛なのですが、他社の光脱毛とはちょっと違います。
エピレタが技術特許を持っている、光技術HPL(ホームパルスライト)を搭載した脱毛器なのです。
これは光を照射すると同時に、超音波も発生させながら脱毛するという技術なのです。
ただ光を照射するのではなく、超音波により毛に振動を与えるので、脱毛効果がさらに高くなります。
しかも光のみよりも、肌にやさしいという、効果もあります。
もともと光脱毛は、レーザー脱毛に比べると痛みが少ないという特徴があるのですが、エピレタはさらに痛みがなく、肌にやさしい脱毛と言えます。

またエピレタはチャージ時間が短いため、例えばワキを脱毛する場合、片ワキでたったの約10秒という速さです。
ですから、全身を脱毛するにしても、それ程時間がかからずに出来ます。
レベルも5段階なので、自分の肌に合ったレベルを選ぶことが出来ます。

照射回数は15万回ですから、思う存分使う事が出来ます。
カートリッジの交換も必要ないので、面倒くさくありません。

本体の重さも軽く、220グラムです。
なので、腕が疲れるという心配もありません。

エピレタは、肌に負担をかけずに高い効果で光脱毛が出来るのに、価格も安いときていますから、かなり優れものの脱毛器と言えましょう。

標準